ホワイトニング&レーザー治療

初台歯科ホワイトニング

 

ホワイトニングとは、歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法です。……

歯は加齢や生活習慣などによって、徐々に黄色や黒に着色していきます。

通常の汚れは歯磨きやクリーニングで落とすことができますが、着色汚れは歯磨きでは落とすことができません。

ホワイトニングは、こうした着色汚れを落とし、歯に白さを取り戻す施術法です。

ホワイトニングには、過酸化水素を主成分としたホワイトニング剤が使用されます。

過酸化水素は歯に塗布されると酸素と水に分解されますが、この酸素が歯の色素と結びつくことによって、色素が分解され、着色汚れが除去されます。

さらに、この過程で生じる活性酸素が、歯のエナメル質に光を乱反射させ、黄色みの強い象牙質の色をカバーします。

歯の色素だけを分解して除去するので、歯を傷めずに白くできるところが特徴です。

・オフィスホワイトニング

歯科医など、専門のクリニックで行うホワイトニングです。

ホワイトニング剤を塗布した後、レーザーや光を当てることで歯の色素を分解していきます。

使用するホワイトニング剤が高濃度であることと、専門の医療機器を駆使した方法であることから、即効性が高く、施術したその日から歯の白さを実感することができます。

プロの歯科医や歯科衛生士が行うので、安全で、しかも手軽なところも魅力のひとつとなっています。

ただし、即効性があるぶん、効果の持続時間が短く、平均して3~6ヶ月間が目安となっています。

すぐに歯を白くしたい、部分的に白くしたい、自分でホワイトニングするのは面倒という人におすすめのホワイトニング法です。


・Opalescence
液体によるホワイトニング


・松風ハイライト
光によるホワイトニング


・LED+酸化チタンによるホワイトニング
痛みが殆どないホワイトニング (効果が少し低いです。)

 

・ホームホワイトニング

低濃度のホワイトニング剤を使用し、自宅でホワイトニングを行う方法です。

ホームホワイトニングの方法はさまざまありますが、多くの場合は自分の歯の型に合わせたマウスピースを作成し、そこに薬剤を入れて装着するという方法が一般的です。

オフィスホワイトニングとは異なり、低濃度のホワイトニング剤を使用するので、一気に歯を白くすることはできず、白さを実感するまでに2週間以上の期間を必要とします。

そのため、即効性を求める人には向きませんが、時間がかかる分、平均持続時間が1~2年と、効果が長持ちするというメリットがあります。

デメリットとしては、即効性がないことと、毎日自分で行うので手間がかかるという点が挙げられます。

ホワイトニング
オフィスブリーチ               1,200~(1歯)
ホームブリーチ  (フルセット)      50,000~
追加薬液1本       3,000~

 

レーザー治療


~歯の健康なくして、豊かな生活とは言えません~

「芸能人は歯が命」というフレーズが数年前に流行りましたが、白く輝く歯というのは健康的に見え、芸能人に限らず、人と接することの多い職業の人のイメージを良くします。
イメージだけの問題ではなく、歯の健康はいろいろな意味で生活を豊かにしてくれます。「よく噛む人ほど長生きする」と言われるように、歯は全身の健康と密接に結びついているのです。

~歯周病は、口臭の元で、歯を失う一番の原因~

口臭の原因はいくつかありますが、多くの場合、歯周病によるものだと言われています。現在、日本人が歯を失う一番の原因と言われる恐ろしい病気なのですが、激しい痛みがないまま症状が進んでいくため、虫歯などに比べると人々の治療への意識が低いようです。実際は、軽度のものを含めると日本人の殆どが歯周病と言っても過言ではない状況なのです。
また、歯周病は心臓病の発症率を上げるという報告があり、これは歯周病の原因となる細菌が出す毒性物質などが血液中に入り込むためだと考えられています。

~医療レーザーを用いた歯周病治療の「革命」~

歯科分野での医療レーザーの利用は「歯周病」、「歯のホワイトニング」、「進行阻止」「口内炎の治療」、「歯ぐきのメラニン色素除去」などが研究され、一部の歯科医院で実際に行われています。
特に、歯周病治療は「革命」とさえ言われます。これまでは治療に長い時間がかかり、なかなか治りにくいと言われていた歯周病ですが、医療レーザーを用いると短期間で確実な治療効果が得られるからです。
それでは、どんな治療法なのかこれから説明していきましょう

 

Q.レーザー治療のメリットは何ですか?
~痛みが少なく、安全で、再発する可能性が低い治療です~
レーザー光には強いエネルギーがあり、1000度を超える熱が発生しますが、わずか1万分の3秒という短い単位で照射されるため、わずかな痛みですみます。例えれば、シャープペンシルの芯で突かれたような瞬間的な痛みです。

レーザー手術の利点をまとめると
痛みがほとんどない
傷んだ歯茎を早期に直す作用がある
歯石が再付着しにくい
複雑でデリケートな歯周ポケット内の治療が可能である
といったことがあげられます。
Q.どれくらいの治療効果が得られるのですか?
~レーザーによって細菌や歯石、歯周組織を光分解します~
レーザーを照射することにより、細菌数の減少をはかり、炎症組織を焼き取ります。レーザー光には「創傷治癒促進作用」といって、傷ついた組織・細胞の再生を促す作用があります。その為、歯周病の「再発率」が低いという特徴を持っています。また、レーザー照射で歯石を除去すると、歯垢や歯石が付着しにくくなるという性質もあります。
通常、7回程度の通院で完治すると言われています。また、治療後に定期的な検査やメンテナンスを行えば、予後は良好になります。

 

Copyright(c) 2011 医療法人社団 臨学会 初台歯科医院 All Rights Reserved.